ABOUT

MESSAGE 代表挨拶

代表取締役社長 代表取締役社長

新潟からデジタルの力で世界を元気に

社名のoRo code MOCには、デジタルの核であるcodeをMarketing、Operation、Creationする会社という想いが込められています。当社は、東証プライム市場 上場 株式会社オロと、もう一つのグループ会社であるオロ宮崎に次ぐ第3の拠点として2019年4月に、BCPの観点から新潟県に拠点を開設いたしました。オロの「より多くの幸せ・喜びを提供し、世界に通ずる一流企業に」なるという目標のもと、オロの事業の支援を行うBPO事業を核として、社員は40名に及ぶまでになり、責任者も育ってきております。

われわれは、安定した企業継続、持続的な成長を遂げられるように企業運営に努めるとともに、新たな事業への挑戦をし続けます。激化する市場環境において、変化をおそれず常に未来を向いて多様性のある人材を採用し、全員参加で取り組んでまいります。そうした企業の成長のなかで、社員全員がより多くの幸せ・喜びを得られることを目指します。社員の幸せ・喜びを目指した先に、お客様への価値あるサービスの提供、社会への貢献も含めた、より多くの人々の幸せ・喜びも存在すると考えています。そして、そのための努力を通じて社員全員の自己実現を達成してまいりたいと考えています。

oRo code MOCでは、MarketingとOperation、Creationを掛け合わせることで、新たな価値提供をしてまいります。そして、この新潟の地からデジタルの力で世界を元気にすることを目指し、全力で邁進する所存でございます。何とぞ、皆様の御支援と御指導を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

株式会社oRo code MOC  代表取締役社長 西村崇

PROFILE 会社概要

社名

株式会社oRo code MOC

所在地

〒951-8055
新潟県新潟市中央区礎町通1ノ町1945番地1 リアライズ万代橋ビル 3階

設立

2019年4月

資本金

10百万円

大株主及び持株比率

株式会社オロ(100%)

従業員数

42名(2022年4月1日現在)

役員
  • 西村 崇 代表取締役社長
  • 日野 靖久 取締役
  • 清宮 理慎 取締役
  • 生本 博士 取締役
  • 前田 洋一 監査役
事業内容

●クラウドソリューション事業

  • クラウド ERP「ZAC」の開発・提供
  • クラウド PSA「Reforma PSA」の開発・提供
  • 企業向けシステムソリューションの提供
  • 企業向けITインフラソリューションの提供
  • ビジネスプロセス受託業務 他

●マーケティングコミュニケーション事業

  • Webサイト構築・運用
  • Web広告運用
  • Webサイト・アプリ検証 他
認証・認定

●ハッピー・パートナー企業
ハッピー・パートナー企業は、男女共に働きやすく、仕事と家庭、地域活動などを両立できるよう環境を整えたり、女性労働者の育成、登用などに積極的に取り組む企業を支援する新潟県独自の制度です。

弊社は2019年の設立以来、有給休暇取得の促進や、ノー残業デーの導入、資格取得に向けた支援等を行ってまいりました。また、子育てしながらも働きやすい職場を目指し、産休・育休の取りやすい環境、復帰しやすい環境を整えております。さらに、小学3年生までの子供を養育する社員に対しての勤務時間に配慮する制度を導入しております。

ハッピーパートナー企業ロゴ

●健康経営優良法人2022(中小規模法人部門)
健康経営優良法人認定制度とは、地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。
健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」することで、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として社会的に評価を受けることができる環境を整備することを目標としています。

弊社では、従業員の健康管理を経営的な 視点で考え、戦略的に実践する「健康経営」 の取組が優良であると認められました。
今後とも、経済産業省及び厚生労働省と共に、取組を一層推進して参ります。

健康経営優良法人2022ロゴ

●新潟市健康経営認定制度 シルバークラス
健康経営とは、事業所等が従業員の健康管理を経営課題の一つとして捉え、健康づくりに取り組むことです。従業員の健康に配慮することによって、健康面においても大きな成果が期待できる経営手法です。
新潟市では、健康経営に取り組む事業所を「新潟市健康経営認定事業所」として認定し、その取り組みを支援しています。

弊社では、運動習慣がない社員や睡眠で十分な休養がとれていない社員の割合が高い等の健康課題を把握し、運動(ラジオ体操の実施、サークル活動費の補助)休養・心(ノー残業デー設定)等の取組を実施してきました。
今後も、事業所としての取組を推進するとともに、取組について振り返りを行い、社員の変化や健診データ等の変化を把握していきます。

新潟市健康経営認定制度 シルバークラスロゴ

ACCESS アクセス